津和野・日原 交流施設の名称「かわべ」に決定

整備中の交流施設の前で、採用された名称「かわべ」を紹介するボードを持つ斎藤香菜子さん
 島根県津和野町が同町日原の清流・高津川近くに2019年7月のオープンを目指す交流施設「日原にぎわい創出拠点」の名称が「かわべ」に決まった。全国公募で集まった403点から、同町鷲原の集落支援員斎藤香菜子さん(36)の案を採用。シンプルで短い名称で高津川のそばに位置することを伝えていることが、官民でつくる審査員から評価された。

 町が22日、整備中の同施設でネーミング発表会を開き、決定を伝えた。斎藤さんは、子どもから高齢者まで覚えやすく、耳にしただけで風景が思い浮かぶよう意識して考案したという。多様な生き物が集まる川辺のように、多くの人が集う拠点になってほしいとの思いも込めた。町も専用のロゴマークを制作した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年3月23日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ