吉賀 21年度閉校の専門学校 57人最後の入学式

重冨亮校長(右端)に誓いの言葉を読み上げる太田絵美さん(左端)と田倉大輝さん
 経営難で2021年度末での閉校を決めた六日市医療技術専門学校(島根県吉賀町真田)で5日、最後の入学式があった。外国人留学生32人を含む介護福祉科40人と看護科17人の新入生計57人が最後の卒業生となることを見据え、3年間で医療福祉の知識や技術を習得することを誓い、教職員は、閉校までの安定した運営に決意を新たにした。

 在校生や来賓約100人が出席した式で、重冨亮校長が「皆さんの卒業まで、教職員が一丸となって支援するので、安心して勉学に励んでほしい」と呼び掛け、「限られた時間の中で勉強を続ける習慣を身に付け、目標の国家資格を取得できるよう心より祈念申し上げる」と激励した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年4月6日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ