松江出身 漫画家・故園山さん作品 「ガタピシ」縫いぐるみに

完成したガタピシのぬいぐるみを眺める「園山俊二の会」の関係者=松江市末次本町
 松江市出身の漫画家・故園山俊二さん(1935~93年)を顕彰する「園山俊二の会」(原田康行会長)が、園山さんの4こま漫画に登場する犬のキャラクター「ガタピシ」の縫いぐるみを制作した。漫画のこまからそのまま抜け出してきたような、かわいらしい仕上がりで、イベントなどで販売して地元の偉人の功績を広める。

 同会は2018年4月、園山さんの遺族と親交のある原田会長(76)を中心とする松江京店商店街(松江市末次本町)の有志で結成。イベントなどで子どもたちに漫画を貸し出して作品の魅力に触れてもらうなどの活動を展開している。

 ガタピシは1980年代に新聞掲載された4こま漫画「ペエスケ」に登場する白い犬のキャラクター。90、91年にテレビアニメも放映された。

 縫いぐるみは同会結成一周年を記念して制作し、高さ約15センチ。5月ごろから商店街のイベントなどで1800円(税別)で販売する予定で、売り上げは会の活動資金に充てる。

 同会副会長を務める同商店街協同組合の森脇宏相談役理事(74)は「すてきなアイテムが完成した。園山さんの功績を広める広告塔として、多くの市民に親しんでもらいたい」と話した。

2019年4月6日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ