奥出雲ウルトラおろち遠足 862人走破

勢い良くスタートする60キロコースのランナーたち
 島根県奥出雲町全域を走破する「第5回奥出雲ウルトラおろち100キロ遠足(とおあし)」が13日、同町内であった。県内外のランニング愛好者ら862人が、中山間地域の田園風景を眺めながら、起伏に富んだコースをマイペースで駆け抜けた。

 たたら製鉄の歴史文化や食など奥出雲の魅力を発信し、交流人口を拡大する目的で、町や町商工会などでつくる実行委員会(委員長・奥原徹副町長)が主催。北海道から鹿児島県の20~70代のランナーが参加した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年4月15日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ