シーズン到来! 三瓶山開き 愛好家 山頂目指す

男三瓶山の頂を目指す登山客=大田市三瓶町
 国立公園・三瓶山の山開きが21日、島根県大田市三瓶町のレストハウス山の駅さんべ前であった。関係者がシーズン中の安全を祈願した後、晴天の下、登山客らが思い思いのペースで山頂を目指した。

 主峰・男三瓶山(標高1126メートル)の頂上へと向かう登山道では家族連れや愛好家が山麓の植物を観賞したり、野鳥のさえずりに耳を澄ましたりしながら、ゆっくりと歩みを進めた。山頂では記念撮影や昼食を楽しんだ。

 大田市大田町の飲食店経営、田中伸哉さん(50)は「三瓶は登りやすく、頂上に着けば360度のパノラマが楽しめる貴重な山。きょうも雄大な景色が楽しめた」と笑顔で話した。

 昨年は4月に発生した最大震度5強の地震の影響で大型連休中の三瓶山への入り込み客数は前年比8.0%減の4万6千人と落ち込んだ。市は今年、復旧・復興をアピールしながら昨年に比べて10.8%増の5万1千人を目指す。

 同市大田町から訪れた山歩きが趣味の森脇隆行さん(64)は、山頂で撮影した画像を写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿。「多くの人が三瓶の魅力を知って、足を運んでくれたらうれしい」と話した。

2019年4月22日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ