出雲で25日に春季セミナー

 NIEの自主的研究組織である島根県NIE研究会(有馬毅一郎会長)の「春季セミナー」が、25日午後1時半から出雲市斐川町上庄原の山陰中央新報製作センター「しんぶん学(まな)聞(ぶん)館」で開かれる。同会がNIEに関心のある教員たちの参加を呼び掛けている。

 本年度1回目となる今回は「新聞の魅力を見つけ合って、これからの楽しい実践に生かそう」がテーマ。昨年、新聞教室で講師を務めた稲石俊章・朝日新聞社松江総局長が、体験を基に記者派遣事業の魅力について話し、大型輪転機が設置された製作センター内の印刷工場を見学。続いて、NIE実践事例を出し合いながら、新聞の魅力と楽しい使い方について話し合う。

 受講希望者は島根大教職大学院の福間敏之教授(電話・ファクス0852・32・6360、メールfukuma-toshiyuki@edu.shimane-u.ac.jp)へ。県NIE推進協議会事務局(電話0852・32・3305、ファクス同・32・3520)でも受け付ける。

 セミナーは、NIE活動の普及と授業実践の質的向上、指導者の育成などを目的に年4回開催している。

2019年5月2日 無断転載禁止

こども新聞