島根スサノオマジックがB1復帰 再昇格、1季で達成

2連勝でB1復帰を決めて喜ぶ選手、チーム関係者とブースター=熊本市西区、熊本県立総合体育館
 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジック(西地区2位、ワイルドカード)が5日、アウェーの熊本市の熊本県立総合体育館で行われたプレーオフ(PO)3位決定戦の第2戦で、熊本ヴォルターズ(西地区1位)を82-77で下し、2連勝で1季での1部(B1)復帰を決めた。相手の反撃を何度も跳ね返す精神力の強さを見せた。現地に駆け付けたブースター(ファン)とともに「B1昇格決定」の横断幕を掲げ、喜びを爆発させた。

 1部復帰は2017~18年シーズン以来となる。2戦先勝の3位決定戦で、島根は4日の第1戦を延長の末、91-88で勝利。この日は第1クオーターから相馬卓弥の3点シュートなどで主導権を握り、第3クオーターに一時20点差をつけた。猛攻を受けて詰め寄られたが、堅守速攻で得点を重ねて逃げ切った。

 今季B2に降格した島根は1年での復帰を目指し、「這(は)い上がろう」をスローガンに掲げ、就任2季目の鈴木裕紀監督の下、グレゴリー・エチェニケやロスコ・アレン、相馬、北川弘らを中心にした攻撃と粘り強い守りで戦った。

 レギュラーシーズンは43勝17敗で、ワイルドカード(各地区2位のうちの最高勝率)でプレーオフに進出。準決勝で信州ブレイブウォリアーズに2連敗し、3位決定戦に回った。上位2チームに来季のB1資格がないため、3位の島根がB1切符を勝ち取った。

 松江市内ではパブリックビューイングが開かれ、大勢のブースターが大画面越しに声援を送った。

2019年5月6日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ