八雲塗ボタン柄 描きやすく定着? 松江で講演会

八雲塗の魅力を語る山本一成社長
 松江を代表する工芸文化「八雲塗」をテーマにした講演会が12日、松江市殿町の松江歴史館であり、来場者が地域の誇る漆工芸品に秘められた魅力や次世代への技術継承などについて考えた。

 同館で4月19日から開かれている企画展「八雲塗-暮らしを飾る松江の漆器-」の一環。出品している山本漆器店(松江市末次本町)の山本一成社長(53)が講師を務めた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年5月13日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ