日本一のメロン、茨城・鉾田 収穫ピーク

 収穫されたメロン「イバラキング」と田山浩志さん=15日午前、茨城県鉾田市

 メロン生産量が日本一を誇る茨城県の中でも栽培が盛んな同県鉾田市で、県独自の品種「イバラキング」が5月下旬から6月上旬にかけて出荷の最盛期を迎えるのに先立ち、地元のJAほこたが15日、市内の農家での収穫作業を公開した。

 JAほこたによると、イバラキングはなめらかな口当たりとさわやかで上品な甘みが特徴。15日の収穫作業に当たったJAほこたメロン部会長の田山浩志さん(58)は「柔らかくなり、いい香りがしたら食べ頃。安心安全のおいしいメロンをどうぞ」と胸を張った。

 県産地振興課によると、茨城県のメロン出荷量は1998年以降、全国1位が続く。

共同通信社 2019年5月15日 無断転載禁止