ロシアで石見神楽公演 江津市連絡協 交流事業招請受け

江津市であったイベントで勇壮な舞を披露する市石見神楽連絡協議会の加盟団体。ロシア公演で伝統芸能のPRと観光客誘致の促進が期待される(資料)
 島根県江津市内の神楽団でつくる市石見神楽連絡協議会(山口豊一会長)が26、27の両日、ロシアのウラジオストク市とナホトカ市にある二つのホールで初の海外公演を行う。日ロ両国の交流事業の一環で招請され、同協議会の関係者は、県西部の代表的な伝統芸能のPRと外国人観光客の誘致につなげたいと意気込んでいる。

 日ロ両国は2016年12月の首脳会談で交流事業「ロシアにおける日本年・日本におけるロシア年」に合意。19年6月までの予定で、政治・経済、文化、スポーツなど幅広い分野で相互理解を深める事業を展開している。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年5月16日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ