宙ユリ 清らか白い花 南部・とっとり花回廊で10鉢展示

愛らしい花を咲かせた宙ユリ
 宇宙を旅したササユリの種をルーツに持つ「宙(そら)ユリ」の展示が、鳥取県南部町鶴田のとっとり花回廊で始まり、来園者が宇宙に思いをはせながら、清らかな白い花を楽しんでいる。24日ごろまで。

 花の種を宇宙飛行させるプロジェクトで2008年、ユリの種子がスペースシャトル「エンデバー」に載せられた。国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」の中で地球を4100周し、09年に若田光一宇宙飛行士とともに地球に戻った。

 その後、湯梨浜町で開かれた園芸フェアをきっかけに、15年に種子から育てた球根が同町に贈られた。ユリがメインフラワーの花回廊で育て、16年から毎年この時期に展示している。

 今年は開園20周年を記念し、展示場所の東館「ゆりの館」には過去最多の10鉢を常時展示。来園者が興味深そうに観賞していた。営業課の戸田舞マネジャーは「今年は見応えのある展示になっている。宇宙を感じてもらいたい」と話した。

2019年5月21日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ