大手製紙会社が印刷用紙大幅値上げ

 大手製紙会社が今年1月、印刷用紙を大幅に値上げし、その影響が山陰両県の印刷業界に広がっている。代理店や紙問屋を介した印刷会社の調達価格が10~20%程度上がったもようだ。紙需要が減少する中での値上げとなり、各印刷会社は価格転嫁に苦慮。「紙離れ」が加速することへの懸念も強めている。(5月21日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2019年5月21日 無断転載禁止