きらめく星 春の大三角

春の大三角=4月6日、大田市の三瓶山北の原で撮影(さつえい)
今年から数年間は見つけやすい

 三つの明るい星を結んでできる星空の目印(めじるし)としては、「夏の大(だい)三(さん)角(かく)」と「冬の大三角」が有名です。学校で教わった人も多いでしょう。大三角と呼(よ)ばれる星の並(なら)びはほかにもあります。今の時季によく見える「春の大三角」です。

 午後9時ごろ、頭の真上近くにたいへん明るく輝(かがや)く、オレンジ色の星があります。うしかい座(ざ)のアークトゥルスといいます。そこから、南に向かって目線を下げていくと、今度は青白い星が見つかります。おとめ座のスピカです。アークトゥルスよりは暗いものの、こちらもかなり目立っています。

 その二つの星に、もう一つ星を足して三角形を作ってみましょう。頭の上からやや西寄(よ)り、ちょうど正三角形になるような位置に、スピカよりも少し暗い星が見つかるはずです。しし座のしっぽにあるデネボラという星です。アークトゥルス、スピカ、デネボラを結ぶと春の大三角の完成です。

 春の大三角のうち二つの星は、おとめ座としし座にあって、それらは星占(うらな)いなどで使う星座、いわゆる「12星(せい)座(ざ)」ですね。12星座というのは太陽の通り道に並ぶ星座のことです。これらの星座に沿(そ)って、火(か)星(せい)、木(もく)星(せい)、土(ど)星(せい)といった惑(わく)星(せい)たちも動きます。

 そうすると、明るい惑星が春の大三角の中や近くに見えることもよくあり、春の大三角を結ぶのを紛(まぎ)らわしくさせてしまいます。このため春の大三角は、12星座の星がない夏の大三角や冬の大三角と違(ちが)い、見つけにくい場合があるのです。

 昨年まではまさにそんな様子で、春の大三角が見つけづらかったのですが、今年から数年間は、惑星にじゃまされず見やすくなっています。夏の大三角や冬の大三角よりも大きな春の大三角、ぜひ探(さが)してください。

◆島根県立三瓶(さんべ)自然館サヒメル天文事業室長・竹内幹蔵(みきまさ)

2019年5月29日 無断転載禁止

こども新聞