特派員便り 会場到着早々に冷や汗

記者が到着早々に冷や汗をかいたメディアセンター=パリ
 「え、うそ」-。全仏オープンの会場、ローランギャロスに到着した25日朝、メディアセンターの受付で青ざめた。

 スタッフに、会場を出入りするのに必要な許可証を印刷していなかったと笑顔で言われたのだ。冗談みたいだが「自分の取材はここで終わりか」と思った。

 出張前、記者の取材申請をメールで何度送っても返信がなく、届いているのかどうかも不明。最後は英語が話せる別の記者が直接電話してやりとりすると、既に届いていたことが分かり、事なきを得たばかりだった。まさか現地に来て同じ思いをするとは…。冷や汗をかいた。

 幸いにも、待っていたら許可証は用意してもらえた。今回の対応はたまたまかもしれないが、「自由」な気質は、初の海外となる記者にとって戸惑いの半面、新鮮でもあり、日本と違う国民性の一端に触れた気がした。

2019年5月31日 無断転載禁止