松江市が婚活支援窓口開設 官民推進本部も設置

松江市が定住企業立地推進課内に開設した婚活支援総合相談窓口
 年間約2千人の出生数を目標に掲げる松江市が、同市末次町の本庁舎内に婚活支援総合相談窓口を開設した。専任相談員1人が結婚を希望する人に民間の結婚相談所やしまね縁結びサポートセンターなどを紹介し、公民館や企業に出向いて婚活相談会も開く。市が設けた官民による婚活支援プロジェクト推進本部会議では、複数の企業間や松江水郷祭で出会いの場を創出するといったアイデアも出た。

 市は、2015年に策定した総合戦略で2060年に人口18万人の確保を目指して出生数の目標を定めたが、17年10月からの1年間は1576人にとどまっている。このため、婚姻数を増やすことで事態を打開しようと、推進本部や相談窓口を設けることにした。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2019年6月12日 無断転載禁止

    • マイベストプロ
    • マイベストプロ島根 マイベストプロ鳥取マイベストプロ