参院、麻生氏問責案を否決 予算委員長解任決議案も

 参院本会議に出席した麻生財務相兼金融相。手前は麻生氏に対する問責決議案の趣旨説明をする立憲民主党の蓮舫氏=21日午前

 参院は21日午前、本会議を開いた。老後に夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会報告書を巡り、野党が提出した麻生太郎財務相兼金融担当相の問責決議案を与党などの反対多数で否決した。問責案に先立ち、金子原二郎参院予算委員長(自民党)の解任決議案も与党などの反対多数で否決した。夏の参院選を前に、国会最終盤の与野党攻防が展開された。

 菅義偉官房長官は記者会見で、報告書に関し「国民に著しい誤解や不安を与え、公的年金が老後の生活設計の基本という政策スタンスと異なる。議論の過程のものであり、正式な報告書としては受け取らない」と重ねて表明した。

共同通信社 2019年6月21日 無断転載禁止