麻生氏不信任案も否決 首相問責決議は24日採決

 衆院本会議で、自身に対する不信任決議案が否決され一礼する麻生財務相兼金融相=21日午後

 衆院は21日午後の本会議で、老後に夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書を巡り、麻生太郎財務相兼金融担当相の不信任決議案を与党や日本維新の会などの反対多数で否決した。野党が提出した安倍晋三首相の問責決議案は24日に採決する。立憲民主や国民民主など野党の幹部は24日に内閣不信任決議案について協議する予定で、提出に踏み切るかどうかが焦点となる。26日の国会会期末をにらみ、与野党攻防が激化した。

 麻生氏の不信任案では、報告書受け取り拒否を「前代未聞の暴挙」と批判した。

共同通信社 2019年6月21日 無断転載禁止