沖縄知事、辺野古移設の中止要求 河野外相と県庁で会談

 河野外相(左)と会談し、要望書を手渡す沖縄県の玉城デニー知事=22日午後、沖縄県庁

 沖縄県の玉城デニー知事は22日、河野太郎外相と県庁で会談し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事を即時中止するよう求めた。移設問題の解決に向け、政府と県の対話の場を設けることも要請した。河野氏はこれらに直接回答せず、沖縄の基地負担軽減に取り組む考えを示した。

 玉城氏は、辺野古埋め立てに反対が7割超となった2月の県民投票に触れ「圧倒的多数で明確に示された民意は極めて重い。政府にしっかり受け止めてもらいたい」と訴えた。河野氏は「基地負担軽減について、政府としてできることは一つ一つやっていきたい」と述べるにとどめた。

共同通信社 2019年6月22日 無断転載禁止