首相、辺野古移設の推進を明言 「一日も早く」

 沖縄全戦没者追悼式を終え、記者団の取材に答える安倍首相=23日午後、沖縄県糸満市の平和祈念公園 国立沖縄戦没者墓苑で献花を終えた安倍首相(右)。左は沖縄県の玉城デニー知事=23日午前、沖縄県糸満市の平和祈念公園

 安倍晋三首相は23日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し「移設は基地を増やすものではない。一日も早い全面返還に向けて全力で取り組みたい」と述べ、辺野古移設を進める方針を改めて示した。同県糸満市で沖縄全戦没者追悼式に出席後、記者団に述べた。

 首相は「基地負担の軽減は政府の大きな責務だ」と強調。「普天間基地が、危険なまま置き去りにされることは絶対に避けなければならない」と指摘した。

 沖縄の米軍施設の整理・縮小計画を記した日米特別行動委員会最終報告の見直しに関し「合意に基づいて一つ一つ結果を出していきたい」と否定的な考えを示した。

共同通信社 2019年6月23日 無断転載禁止