ACL、鹿島が準々決勝進出 アウェー得点で広島上回る

 広島―鹿島 前半、先制ゴールを決める鹿島・土居(右)=Eスタ

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は25日、ホームアンドアウェー方式の決勝トーナメント1回戦第2戦が行われ、2連覇を目指す鹿島は広島市のエディオンスタジアム広島で、初の8強入りを狙う広島に2―3で敗れて2戦合計3―3となったが、アウェーゴール数で上回り、準々決勝に進んだ。

 鹿島は土居の先制ゴールで前半を1―0で折り返すと、劣勢の後半にも土居が得点した。広島は後半に3点を奪ったが及ばなかった。

 日本勢は3チームが16強入り。本拠地での第1戦に1―2で敗れた浦和は、26日に敵地で蔚山(韓国)と戦う。

共同通信社 2019年6月25日 無断転載禁止