中国の習主席、来春に国賓訪日へ 首脳会談、G20で連携

 中国の習近平国家主席(右)と握手する安倍首相=27日午後、大阪市内のホテル(代表撮影) 安倍晋三首相、中国の習近平国家主席

 安倍晋三首相は27日、中国の習近平国家主席と大阪市で会談し、習氏が来春に国賓として日本を訪問する方針で一致した。首相が訪日を要請し、習氏は応じる考えを示した。来年3~4月が念頭にある。両首脳は日中関係が一時の対立状態から「正常な軌道に戻った」と確認。28日開幕の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)成功へ連携を図る方針も申し合わせた。

 習氏は20、21両日に北朝鮮を訪問した際、金正恩朝鮮労働党委員長に日朝関係に関する日本の立場を伝えたと説明した。首相に対し、日本人拉致問題を含め、日朝関係改善に強い支持を表明した。西村康稔官房副長官が明らかにした。

共同通信社 2019年6月27日 無断転載禁止