G20、夕食会場の大阪迎賓館 95年APECに合わせ建設

 G20大阪サミットの夕食会場に選ばれた大阪迎賓館=大阪市

 G20大阪サミットの夕食会場に選ばれた大阪城西の丸庭園(大阪市中央区)にある大阪迎賓館は、大阪市で1995年に開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)に合わせ総事業費約12億円をかけて建設された。

 世界遺産の二条城(京都市中京区)の国宝「二の丸御殿」を参考にした城郭の風情を感じる鉄骨2階建て。重厚な扉や敷き詰められた紫色のじゅうたんは建設当時のままだ。

 95年APECでは、非公式首脳会議の舞台となった。当時の村山富市首相のほか、中国の江沢民国家主席、韓国の金泳三大統領、マレーシアのマハティール首相ら18カ国・地域の首脳たちが参加した。

共同通信社 2019年6月28日 無断転載禁止