ゴルフ、西郷真央が逆転で初優勝 日本女子アマチュア選手権

 初優勝し、表彰式で笑顔の西郷真央。左は日本ゴルフ協会の竹田恒正会長=エリエールGC松山

 ゴルフの日本女子アマチュア選手権は28日、愛媛県エリエールGC松山(6536ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、首位と2打差の2位で出た17歳の西郷真央(TEAM KGA)が68で回り、通算16アンダーの272で初優勝した。

 首位で出た和久井麻由(JGAジュニア)は72にとどまり、67をマークした後藤未有(北山)とともに通算14アンダーで2位だった。13アンダーの4位に小倉彩愛(岡山国際)、12アンダーの5位に古江彩佳(JGAプレミアム)が入った。

共同通信社 2019年6月28日 無断転載禁止