与野党、G20よそに動き活発 支持拡大へ懸命

 自民党愛知県連会合であいさつする甘利選対委員長=28日午後、名古屋市

 与野党は28日、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)開幕をよそに、来月4日公示の参院選に向けて活発に動いた。自民党の岸田文雄政調会長は経団連幹部に支援を要請。野党幹部は街頭演説し、支持拡大に懸命となった。

 岸田氏は経団連会館を訪れ、参院選公約を説明。国際的な経済データ流通に関し「日本がルール作りをリードする」と力説し、後押しを求めた。

 公明党は、子ども向けの「こども・子育てマニフェスト2019」を発表。親子で関心を高めてもらう狙いだ。

 国民民主党の泉健太政調会長は静岡市の街頭演説で「可処分所得が増えていない」と政権の経済政策を批判した。

共同通信社 2019年6月28日 無断転載禁止