動物園からニホンザル脱走、京都 イノシシに乗り走る姿で人気

 イノシシの赤ちゃんの背に乗って走り回る子ザルの「みわ」=2010年9月、京都府福知山市動物園

 京都府福知山市は28日、市動物園で飼育するニホンザル「みわ」(雄、9歳)がケージから脱走したと明らかにした。子ザルの時、イノシシの背に乗って走る姿で人気を博したみわの捜索のため、当分の間休園とする予定。

 市などによると、28日の開園前に巡回していた飼育員が、みわがいないのに気付いた。屋外のケージでイノシシと暮らしていたが、フェンスの溶接部分が壊れ、約20センチの隙間ができていた。同日は臨時休園して捜索したが見つかっていない。

 みわは体長50センチ、体重約18キロ。2010年ごろ、イノシシの赤ちゃんの背に乗って走り回り有名となった。

共同通信社 2019年6月28日 無断転載禁止