日韓外相が短時間会談 元徴用工問題で立場伝達

 日本の河野太郎外相と韓国の康京和外相は28日、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開催されている大阪市内で短時間会談した。両国の外務省が発表した。

 河野氏主催の夕食会後に接触した。元徴用工問題を巡る日韓関係の悪化を受け、文在寅大統領と安倍晋三首相の会談は見送られる方向だが、外相間の接触で最低限の意思疎通は行った形だ。

 両外相は、元徴用工問題を巡る互いの立場を改めて伝達した。河野氏は、徴用工訴訟の原告への慰謝料として日本企業に出資させる韓国側の提案は受け入れられないと伝えたとみられる。

共同通信社 2019年6月28日 無断転載禁止