サッカー、アルゼンチンなど4強 南米選手権

 ベネズエラ戦で2点目を喜ぶアルゼンチンの選手たち=28日、リオデジャネイロ(ゲッティ=共同)

 サッカーの南米選手権第13日は28日、リオデジャネイロなどで準々決勝2試合が行われ、アルゼンチンとチリが4強入りした。

 2大会連続準優勝のアルゼンチンはベネズエラに2―0で快勝。3連覇を狙うチリはコロンビアと対戦し、0―0で突入したPK戦を5―4で制した。準決勝でアルゼンチンはブラジルと顔を合わせ、チリはウルグアイ―ペルーの勝者と戦う。(共同)

共同通信社 2019年6月29日 無断転載禁止