二階氏「棄権者名、張り出せ」 参院選の低投票率巡り

 自民党の二階俊博幹事長

 自民党の二階俊博幹事長は29日、徳島県小松島市の会合で、低迷する参院選の投票率を巡り「投票に行かない人はだいたい決まっている。法律でも作って、選挙に行かなかった人の一覧表を張り出したらいい」と述べた。同時に「半分が投票に行かないのは、どうかしている。投票に参加しなければ、民主主義国家は成り立たない」と語った。

 参院選(選挙区)の投票率は、2013年が52・61%、16年が54・70%で、1947年の第1回以降で、それぞれ3番目と4番目に低い投票率だった。

共同通信社 2019年6月29日 無断転載禁止