野党、首相の安保政策批判 日米同盟重要と与党強調

 与野党7党の政策責任者らは30日のNHK番組で、安全保障政策を巡り議論した。野党は、日米安保条約を「不公平な合意だ」とするトランプ米大統領の発言を踏まえ、安倍晋三首相の安保政策を批判した。与党は日米同盟の重要性を強調し、理解を求めた。

 立憲民主党の逢坂誠二政調会長は、トランプ氏発言について「日米関係を揺るがしかねない。米側とのやりとりを国民に説明する必要がある」と指摘した。自民党の新藤義孝政調会長代理は、在日米軍への基地提供や駐留経費負担を巡り、首相がこれまでトランプ氏にしっかり説明してきたと反論した。

共同通信社 2019年6月30日 無断転載禁止