政府、本格交渉再開に期待 段階的制裁緩和へ懸念も

 日本政府は、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による30日の3回目となる首脳会談を受け、非核化交渉の本格再開を期待した。ただ、トランプ氏は会談後、北朝鮮による短距離弾道ミサイル発射を問題視しない考えを記者団に重ねて表明。北朝鮮が主張する段階的な制裁緩和の容認につながりかねないとの懸念も出てきそうだ。

 非核化協議が進展すれば、安倍晋三首相が目指す金氏との直接対話実現と日本人拉致問題の解決にも結び付くとみており、今後の北朝鮮の動向を注視する。

共同通信社 2019年6月30日 無断転載禁止