自民党議員に野党攻撃の冊子配布 出所不明、身内からも批判や困惑

 自民党本部が国会議員に配布した冊子に掲載された立憲民主党の枝野代表のページのイラスト

 自民党本部が参院選を前に、党所属の全国会議員に演説資料として配布した冊子が話題になっている。野党やメディアを「攻撃」するインターネット上のコラムをまとめたもので、サイトの運営組織や執筆者は不明。所属議員からも批判や困惑の声が上がっている。

 党本部は6月11日、「野党や一部メディアで誤った情報を発信することが度々見受けられる。報道では語られていない真実を伝える内容」との文書を添付し、各議員事務所に配布した。約140ページの冊子は「フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識」とのタイトルで、ネットメディア「テラスプレス」が編集している。

共同通信社 2019年7月1日 無断転載禁止