元衆院議員の松本善明氏死去 共産党国対委員長を務める

 死去した松本善明氏

 元共産党国対委員長の松本善明(まつもと・ぜんめい)氏が6月24日午後10時13分、老衰のため埼玉県所沢市の病院で死去したことが分かった。93歳。大阪市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長男猛(たけし)氏。後日、お別れの会を開く予定。共産党が1日、明らかにした。

 東大在学中に共産党に入党。1949年に福島県で列車が転覆し機関士ら3人が死亡した戦後最大の冤罪事件といわれる松川事件や、皇居前広場でデモ隊と警察が衝突した52年の「血のメーデー事件」などを弁護士として担当した。

 衆院議員を通算11期務めた。死別した最初の妻は、絵本作家のいわさきちひろさん。

共同通信社 2019年7月1日 無断転載禁止