京都の花街で恒例ビアガーデン 舞妓さん、浴衣でもてなし

 京都・上七軒の歌舞練場で始まった、浴衣姿の芸舞妓がもてなすビアガーデン=1日午後

 京都五花街の一つ、上七軒の歌舞練場(京都市上京区)で1日夕、芸妓や舞妓が浴衣姿でもてなす夏恒例のビアガーデンが始まった。

 この日の京都市内の最高気温は28・5度で、梅雨らしいじめじめした一日に。訪れた客は、勢いよくジョッキを傾け、芸妓らと会話を楽しんだ。

 桃色の柄の浴衣をまとった舞妓の尚舞さん(18)は「令和初のビアガーデン、ぜひビールを飲みに来ておくれやす」と笑顔を見せた。

 花街に気軽に親しんでもらおうと、約60年前に始まった。9月5日まで午後5時半~10時の営業。8月14~16日は休業する。18歳未満は入場できない。

共同通信社 2019年7月1日 無断転載禁止