タイのサッカー「可能性感じる」 代表監督受諾の西野朗氏

 2018年6月のW杯ロシア大会、セネガル戦で指示を出す日本代表の西野監督=エカテリンブルク(共同)

 【バンコク共同】サッカーのタイ代表監督への就任要請を受諾した日本代表前監督の西野朗氏は、2日放映された「タイ・ラットTV」のインタビューで、タイのサッカーについて「日本選手や日本チームのスタイルと非常に似ている。成長する可能性をたくさん感じている」などと、新天地での抱負を語った。

 西野氏は五輪日本代表監督時にタイと対戦した経験から「強さ、うまさにインパクトがあった。昔から興味があった」と説明。タイと日本選手の共通点には技術面やメンタリティーを挙げた。

 「一朝一夕に強くなることはない。着実にアプローチしていかなければならない」と強調した。

共同通信社 2019年7月2日 無断転載禁止