首相、参院選の第一声は福島市 4日、原発事故復興目指し

 安倍晋三首相(自民党総裁)は、4日の参院選公示第一声を福島市で実施する方針を固めた。党関係者が2日、明らかにした。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの早期復興を目指す政権の姿勢を示す狙いがある。

 首相が国政選挙の第一声を福島県内で行うのは、第2次内閣発足以降、2013年の参院選と14年、17年衆院選に続き4回目。16年参院選では、同年4月に起きた熊本地震からの復興に向けて熊本市で第一声を行った後、午後に福島県へ移動して街頭演説に臨んだ。

共同通信社 2019年7月2日 無断転載禁止