サッカー、米国3大会連続決勝へ 女子W杯、イングランド下す

 イングランド戦で得点を決め、喜ぶ米国のモーガン=2日、リヨン(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会第22日は2日、リヨンで準決勝の1試合が行われ、前回覇者の米国が2―1でイングランドを下して3大会連続で決勝に進んだ。4度目の優勝を懸けて7日(日本時間8日)にオランダ―スウェーデンの勝者と対戦する。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング1位の米国は1―1の前半31分にモーガンが勝ち越し点を決めた。同3位のイングランドは終盤にPKを失敗し、前回大会に続いて準決勝で敗れた。

共同通信社 2019年7月3日 無断転載禁止