マリ、ガーナなど16強出そろう サッカーアフリカ選手権

 サッカーのアフリカ選手権は2日、エジプトのイスマイリアなどで1次リーグ最終戦が行われ、16強が出そろった。E組はマリがアンゴラに1―0で勝って勝ち点7の同組首位で突破。チュニジアはモーリタニアと0―0で引き分けて勝ち点3の2位で通過した。

 F組はガーナがギニアビサウを2―0で下して勝ち点5の首位で突破した。カメルーンはベナンと0―0で引き分けて勝ち点5で並び、総得点差で同組2位通過。勝ち点3のベナンも各組3位の成績上位4チームの一つとして16強入りした。(共同)

共同通信社 2019年7月3日 無断転載禁止