輝(き)らりキッズ 「なでしこ」目指すGキーパー

中、高生のキャンプにも参加

 スピード、キック力優すぐれる

  境港 拠点の女子サッカーチーム

  加藤 那由莉(かとう なゆり)さん(米子・河崎小6年)

チームメートらと練習する加藤那由莉さん(左)=境港市小篠津町
 境(さかい)港(みなと)市を拠(きょ)点(てん)に活動する女子サッカーチーム「アクシーノ境港」に、小学生ながら将(しょう)来(らい)が期待されるゴールキーパー(GK)がいます。米(よな)子(ご)市立河(かわ)崎(さき)小学校6年の加(か)藤(とう)那(な)由(ゆ)莉(り)さん(11)。身長152センチと体(たい)格(かく)に恵(めぐ)まれ、スピードやキック力にも優(すぐ)れています。サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」に選ばれるような選手を目指し、チームメートと熱心に練習に励(はげ)んでいます。

 加藤さんがサッカーを始めたのは、小学4年の時。友達に誘(さそ)われ、鳥取県西部を中心に小学生から大人まで約40人が所(しょ)属(ぞく)するアクシーノ境港に入りました。

 最初は複(ふく)数(すう)のポジションを体験しましたが、数か月後に「点を決められたら悔(くや)しいけど、シュートを止めた時は楽しい」と自らGKを志(し)願(がん)。週に4回ほどチーム練習に参加するほか、自(じ)宅(たく)でも父の達(たつ)也(や)さん(39)とパスやキャッチングの練習に取り組んでいます。

 プレーの特長はスピードやジャンプ力を生かした高い守(しゅ)備(び)力です。

 アクシーノ境港の遠(えん)藤(どう)稔(みのる)代表(51)は「身体能(のう)力(りょく)が高く闘(とう)争(そう)心(しん)もある」と話し、北(ほう)條(じょう)広(ひろ)宣(のぶ)監(かん)督(とく)(45)は「積極的で向上心が強い。シュートへの反(はん)応(のう)も良く、味方に大きな声でコーチングもできる。経(けい)験(けん)を積めば良い選手になる」と期待を寄(よ)せます。

キャッチングの練習に励む加藤那由莉さん=境港市小篠津町
 加藤さんは「足の速さやジャンプには自信があるけど、キャッチングは課題。ボールを確(かく)実(じつ)に捕(と)り、できるだけ遠くにボールを蹴(け)るようにしたい」と話します。

 競(きょう)技(ぎ)を始めてから2年余(あま)りですが、サッカーへの思いは日(ひ)増(ま)しに強まっています。4年生の時に地元のサッカー教室で元日本代表選手で「なでしこジャパン」のコーチを務(つと)める大(おお)部(べ)由(ゆ)美(み)さん(44)=境港市在(ざい)住(じゅう)=の指(し)導(どう)を受けたほか、今春には鳥取市であった中国地方のGKを対(たい)象(しょう)にしたキャンプに参加。中学生や高校生に交じって練習し「レベルが高かった」と強い刺(し)激(げき)を受けました。

 アクシーノ境港は鳥取県女子サッカーリーグ(5チーム)に所属。加藤さんは小学生で今はリーグ戦に出場できませんが、中学生に上がれば出場できます。

 加藤さんは「年上の選手にもスピードやパワーで負けないようにしたい」と意(い)欲(よく)を見せ「日本代表選手のようにたくさんシュートを止められる選手になりたい」と言います。仲間や両親、指導者に支(ささ)えられ、夢(ゆめ)に向かい走り続けます。


プロフィル
【好きな科目】体育
【好きな食べ物】肉、ぶどう、いちご、梨(なし)

2019年7月3日 無断転載禁止

こども新聞