首相、憲法明記「防衛の根本」 野党、年金不安を追及

 参院選に向けた討論会に臨む与野党7党首ら。(左から)日本維新の会の松井代表、国民民主党の玉木代表、公明党の山口代表、自民党総裁の安倍首相、立憲民主党の枝野代表、共産党の志位委員長、社民党の吉川幹事長=3日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ

 安倍晋三首相は3日、東京・内幸町の日本記者クラブで行われた与野党7党の党首らによる討論会で、憲法9条への自衛隊明記に改めて意欲を示した。「自衛隊の存在を明確に憲法に位置付けるのは防衛の根本だ」と述べた。消費税率を10月に10%へ引き上げた後、さらに引き上げる考えはないと明言した。野党は「年金制度への不安に正面から取り組むべきだ」(立憲民主党の枝野幸男代表)と安倍政権の社会保障や経済政策を追及。4日の参院選公示を前に与野党が論戦を展開した。

 首相は勝敗ラインについて、自民、公明両党で「非改選議席も含めた過半数確保」と表明した。

共同通信社 2019年7月3日 無断転載禁止