玉木氏、首相意向を否定 自民改憲案「受け入れず」

 国民民主党の玉木雄一郎代表は3日、安倍晋三首相(自民党総裁)が討論会で、憲法改正に必要な3分の2議席に向け、国民民主などを名指しして合意形成を目指す意向を示したことに否定的な見解を示した。

 東京都内で記者団に「(9条への)自衛隊明記論はとても受け入れることはできない。議論はきちんとするが、いま自民党が示している案のままという話にはならない」と述べた。

 同時に、国民投票時のCM規制を盛り込んだ国民投票法改正案の成立が改憲論議に応じる前提だと重ねて強調した。

共同通信社 2019年7月3日 無断転載禁止