参院選公示、改憲3分の2焦点 21日投票、安倍長期政権に審判

 参院選が公示され、街頭演説に集まった有権者ら=4日午前、東京都新宿区 国会議事堂

 第25回参院選が4日、公示された。改選124議席(選挙区74、比例代表50)に約370人が立候補を予定。21日投票、即日開票される。歴代最長に近づく安倍首相の政権運営に審判が示される。最大の焦点は「改憲勢力」が国会発議に必要な3分の2以上の議席を維持するかどうかだ。

 改憲勢力は自民党、日本維新の会、改憲派の諸派・無所属と、「加憲」を主張する公明党。今回、86議席を取れば、参院定数の3分の2を維持する。自民党の二階俊博幹事長は、自公で改選過半数の63議席を獲得目標としている。

 立憲民主、国民民主、共産、社民各党は32の改選1人区で候補者を一本化した。

共同通信社 2019年7月4日 無断転載禁止