朝乃山、白鵬戦に意気込み 2日目に初対戦「自分の相撲で」

 軽めの調整をする朝乃山=愛知県蟹江町の高砂部屋宿舎

 先場所初優勝で東前頭筆頭の朝乃山が5日、大相撲名古屋場所(7日初日・ドルフィンズアリーナ)2日目に組まれた横綱白鵬との初対戦に向け「稽古したことは考えず、自分の相撲でいくだけ」と意気込んだ。

 この日の朝乃山は愛知県蟹江町の高砂部屋で四股やすり足など軽めの調整。第一人者の白鵬には1日に出稽古で胸を借り「すごいの一言。これが横綱」と強さを肌で実感したという。2日目は結びの一番で挑む。

 自己最高位の今場所は序盤から上位戦が予想される。初日は大関豪栄道戦で「楽しみ。自分の相撲を出せるかが勝負」と気合十分。

共同通信社 2019年7月5日 無断転載禁止