元関脇の嘉風が右膝負傷で全休へ 6月に手術、十両転落確実

 日本相撲協会は5日、大相撲名古屋場所(7日初日・ドルフィンズアリーナ)を初日から休場する東前頭11枚目の嘉風(37)=本名大西雅継、大分県出身、尾車部屋=の1日付の診断書を公表し「右膝外側側副靱帯損傷で今後約2カ月間の治療を要する見込み」との内容だった。6月に痛め、手術も受けていた。

 師匠の尾車親方(元大関琴風)によると、今場所は全休するという。9月の秋場所は2007年夏場所以来、12年ぶりの十両転落が確実になった。現在は千葉県内の病院に入院し、リハビリに励んでいる。

 元関脇の嘉風は今場所が幕内在位79場所目で、激しい取り口が魅力の人気力士。

共同通信社 2019年7月5日 無断転載禁止