格安航空ジップエアに事業許可 来年5月、成田―バンコク線

 国交省の蝦名邦晴航空局長(左)から航空運送事業の許可証を受け取るジップエアの西田真吾社長=5日午後、国交省

 国土交通省は5日、日航グループの格安航空会社(LCC)「ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)」に対し、航空運送事業の許可を出した。成田―バンコク線で来年5月14日、成田―ソウル線で同7月1日に運航を始める。ジップエアへの許可で、定期便を運航する日本の航空会社は26社となる。

 国交省とジップエアによると、座席数290のボーイング787を2機使用。バンコク、ソウルの両路線とも1日1往復する予定だ。

 国交省で同省の蝦名邦晴航空局長から許可証を受け取ったジップエアの西田真吾社長は「就航に向け、準備を着実に進める」と話した。

共同通信社 2019年7月5日 無断転載禁止