母子家庭支援で全国協議会 貧困・孤立防止に20団体

 シングルマザーとその子どもを支援する各地の団体が連携して課題解決に取り組もうと、支援団体の代表者らが7日に「シングルマザーサポート団体全国協議会」を設立する。5日、厚生労働省で記者会見して発表した。

 参加するのは17都道府県の団体と関西地域で広域的な活動をする計20団体。記者会見した「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」の赤石千衣子理事長は「子どもの貧困は社会問題で、特にシングルマザーと子どもは声を上げられずに孤立していることが多い。参加団体を広げ、政策提言に取り組みたい」と話した。

 同協議会は7日に東京都内で設立集会を開催する。

共同通信社 2019年7月5日 無断転載禁止