米男子ゴルフ、松山11位に後退 第2日、首位と6打差

 第2ラウンド、9番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算8アンダーで11位=TPCツインシティーズ(共同)

 【ブレイン(米ミネソタ州)共同】米男子ゴルフの3Mオープンは5日、ミネソタ州ブレインのTPCツインシティーズ(パー71)で第2ラウンドが行われ、2位で出た松山英樹は4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの70で回り通算8アンダー、134で11位に後退した。首位と6打差。小平智は67と伸ばし5アンダーで43位。

 62をマークしたブライソン・デシャンボー(米国)が通算14アンダーとして首位に浮上。2打差の2位にアダム・ハドウィン(カナダ)がつけた。

共同通信社 2019年7月6日 無断転載禁止