先場所初優勝の朝乃山が最終調整 初日から上位陣と対戦

 稽古で汗を流す朝乃山=愛知県蟹江町の高砂部屋宿舎

 先場所初優勝の朝乃山は6日、愛知県蟹江町の高砂部屋で最終調整に努めた。上位陣との対戦が続くことが予想され「(いつも通り)場所に挑むだけ。楽しみですし、これからの相撲人生に関わってくる」と大相撲名古屋場所(7日初日・ドルフィンズアリーナ)を勝負の場所に位置づけた。

 初日は大関豪栄道、2日目は横綱白鵬との対戦が組まれている。6日は幕下以下の力士を相手に10番取り、汗を流した。得意の左上手を引いて前に出る相撲を繰り返し、突き、押しの動きも入念に確認した。

共同通信社 2019年7月6日 無断転載禁止