「世界の宝を次世代に引き継ぐ」 古墳群の世界遺産決定で首相

 安倍晋三首相は6日、大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産登録決定を受け「世界の宝としてその魅力を積極的に発信し、次世代に引き継いでいくとの決意を新たにしたい」とするメッセージを発表した。

 古墳群について「高度な技術を駆使して幾何学的にデザインされた古墳は、わが国独自の文化を物語るものであり、世界に類を見ない人類の遺産だ」と強調。「これまで大切に守ってこられた地元の皆さんをはじめ、関係者の方々に深く敬意を表する」とした。

共同通信社 2019年7月6日 無断転載禁止