韓国で日本酒の試飲イベント 関係悪化も「おいしさ変わらず」

 6日、「ソウル酒フェスティバル」で行われた鏡開き=ソウル(共同)

 【ソウル共同】日本酒や焼酎、泡盛のメーカーが自慢の酒を披露する大規模な試飲イベント「ソウル酒フェスティバル」が6日、ソウルで開かれ、韓国の日本酒ファンらでにぎわった。2016年、17年に続き3回目。

 後援した日本大使館の西永知史公使が鏡開きに先立ち「今、日韓関係は若干難しい状況を迎えている。ただ国と国の関係がどうであろうと日本酒のおいしさは変わらない」とあいさつすると、「その通り」との声が会場から上がった。

 2万5千ウォン(約2300円)の入場券を買えば飲み放題。韓国の酒類輸入業者などが主催し、北海道から沖縄まで約100の蔵元が参加した。

共同通信社 2019年7月6日 無断転載禁止