出直し町長選で前職当選 千葉・御宿、議会と対立

 事業や予算を巡り議会と対立した千葉県御宿町の石田義広前町長(71)の辞職に伴う出直し町長選が7日投開票され、石田氏が、新人の元町議大野吉弘氏(55)を破り、4回目の当選を果たした。いずれも無所属。石田氏の任期は3期目の残りの来年12月23日まで。

 町議会事務局などによると、石田氏は町主催の国際交流事業で、2018年度分の予算に議会が反対したため、外部資金で事業を継続。19年度予算案が議会に否決され「信を問う」と辞職した。

 投票率は64・46%。得票数は石田氏が2684票、大野氏が1535票だった。

共同通信社 2019年7月8日 無断転載禁止